32型液晶テレビの選び方。【1/3】

テレビ
ぽんた
ぽんた

32型の液晶テレビって、学生やサラリーマンの一人暮らしや、二台目のテレビとして需要が高いんだよね。だから、各メーカー、低価格で高品質の製品をぞくぞく投入してるんだってな。

 

さくら
さくら

32型は壁掛けもできるし、お店や待合室などのちょっとしたスペースで動画を流すのにもちょうどよいサイズだし、他のサイズに比べると価格もお手頃なものが多そうよね。

こうぱろう
こうぱろう

32型の液晶テレビは、用途の幅が広いく需要があるし、めちゃくちゃ売れてるからねー

 

じゃあ、その売れ筋32型テレビの選び方を、3回に分けてまとめてみよう。

 

お店で買う時や、ネットで買う時の参考にしてみてね。

 

 

 

32型液晶テレビの目利きになろう!

 

 

32型液晶テレビの特徴・どんな人におすすめか?

32型はコストパフォーマンスが一番良い(゚∀゚)

テレビで最も売れるサイズが32型の液晶テレビで、コストパフォーマンスが一番よいです。

リサーチ会社のBCNによると

 2016年6月の液晶テレビの販売数量は前年同期比で95.4%で前年割れだが、販売金額が同103.9%で前年を上回った。販売金額は過去3年で最高の水準で、テレビ市場は回復傾向にあるとした。平均単価は74,800円。画面サイズ別では、40型台の構成比が31.3%となり、主流サイズが32型などの30型台(構成比:28.1%)から40型台にシフトしている。

※BCN 2016年上半期の販売動向調査より

となっています。

この記事を読むと、一瞬「えっ?ってことは、32型より40型が売れてるんじゃない?・ω・」と思ってしまいますが、よく記事を読んでみましょう。

40型(40型、43型、49型)の構成比31.3
30型(32型のみ)    の構成比28.1

となっています。

つまり、「40型台」とは40、43、49の機種を合わせた数字です。それに対し「30型台」とは32の機種しかありません。なので事実上、32型のテレビは最も売れているサイズなのです。

ですから各メーカーがかなり力をいれおり、高画質なのにびっくりするような安い機種がゴロゴロある、一番コストパフォーマンスが良いサイズになっているのです。

 

※こういう記事をみると、40型以上の4Kテレビを売りたいんだろうなーという印象を受けます(笑)雑誌やカタログの情報は、裏の意図も探りながらちぇっくしましょうね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

32型のテレビの特徴

そんな32型のサイズには多くのテレビメーカーが参入しいます。

メーカーの特徴を大きく分けると

  • 日本の有名メーカー(パナソニック、東芝、ソニー、シャープ、三菱)
  • 日本のメーカー(FUNAI、オリオン、シンプラス、アグレクションなど)
  • 海外のメーカー(ハイセンス、LGなど)

 

という3つのグループに別れてきます。
※東芝とシャープは厳密に言うと外資系の企業になっていますが、ここでは日本メーカーとして紹介いたします。

 

日本の有名メーカーは、高画質、高付加価値の上位機種と、低価格路線の下位機種のだいたい2ラインナップを用意しています。

また、その他の日本メーカーや海外メーカーは、ともかく驚くような激安価格の機種を用意しています。

 

売れっ子店員目線で考えると、やはり日本の有名メーカーの機種が、価格が若干高くなるものの、性能などがすぐれており、魅力的でおすすめと思っていますが、その辺りは、後ほど詳しくまとめます。

 

 

 

 

 

32型のテレビはどんな人におすすめか?

こうぱろう
こうぱろう

ネットでも、リアルな家電量販店でも、32型はめちゃくちゃ売れています。

 

最後に、32型テレビが

どんな人におすすめか?(どんな人に売れているか?)

 

を紹介しておくよ

 

 

32型テレビは、こんな方におすすめです。
(こんな方に、よく売れています。)

↓↓↓↓

●一人暮らしの学生やサラリーマンの方
●寝室用の2台目テレビをご検討の方
●子供部屋用のテレビをご検討の方
●お店の待合室などで、テレビや動画を流しておきたい方
●壁掛けをしたい方

このように32型テレビは、用途の幅が広く需要がとても高いサイズです。結果として、「需要が高い→よく売れる→低価格になる→よく売れる」といった良い循環になり、高性能で価格が安い、とてもコストパフォーマンスが高いサイズになっているのです。

 

 

 

32型液晶テレビの選び方・注意点

ぽんた
ぽんた

32型って、ホントによく売れてるんだな。

 

 

さくら
さくら

たくさん売れているのね~

でも、メーカーも機種もたくさんあって、どうやって選んでよいかわからないわね。

まよっちゃうわね。

 

こうぱろう
こうぱろう

よし。じゃあココからが本番だ。

 

売れっ子店員が、実際に接客トークで使っているウリ文句なども盛り込んで

 

32型テレビの選び方をお伝えしよう!

 

選ぶポイントは下記の通りです。
サクッと確認して、テレビ選びの目利きになってください(・∀・)

 

 

●大きさ  ←あなたの部屋にちゃんと入る?
●画質
●音質
●録画機能
●動画サービス・Wi-Fi
●端子の数
●その他

 

大きさを確かめよう(32型テレビの選び方)

まず最初に大事になるのが、「大きさ」の確認です。

ここで注意するのが、32型テレビの大きさが
× あなたの「部屋に入るか、入らないか?」ではなく
◯ あなたの「使い方に最適な大きさか?どうか?」 ということに注意して選ぶということです。

 

せっかく買ったのに、適切な視聴距離がとれなければ、大きすぎて使いにくかったり、逆に離れすぎると画面が小さくて見にくくなります。

なので、あなたの「使い方にあった大きさなのか?」をまずは調べてみましょう。

 

大きさ・サイズ・寸法

出展:シャープ公式サイト LC-32W5のサイズ

 

32型テレビの大きさは、だいたいどのメーカーも同じです。
代表例としてシャープのLC-32W5の寸法メモすると

幅×高さ×奥行き=73.3×47.8×18.5  でした。

 

大きさをイメージしにくいと思ったので、僕の愛読書「少年ジャンプ」を当てはめてみました(笑)

こんな感じです。
↓↓↓↓↓↓

※テレビの大きさは、シャープLC-32W5のサイズと比較しています。

 

横の長さ =ジャンプ(横幅)×4冊分 ※約72.8CM
縦の長さ =ジャンプ(縦幅)+ジャンプ(横幅) ※約43.9CM

です。

ありがとうジャンプ。君のおかげで32型のテレビの大きさのイメージを、このブログをみている読者に伝えられたはずだ(・∀・)

 

 

最適な視聴距離

大きさ(サイズ)がわかった後は、「視聴距離」を意識しましょう。
視聴距離とは、「テレビが最も綺麗に見える距離」のことです。

十分な視聴距離をとれないと、画質の粗さが目立ち、かなりストレスを感じることになります。

 

結論から言いますと、
32型のフルハイビジョン →1.2mあれば、十分(・∀・)
32型のハイビジョン   →1.2m+気持ち(10cmくらい)あれば大丈夫(・∀・)

と思います。
※ソースは、一般的に言われていることと、売れっ子店員の接客経験と独断です。

 

後で詳しく話しますが、32型テレビはハイビジョンとフルハイビジョンの二種類があります。一般的に、フルハイビジョンの視聴距離が「テレビの高さの3倍」と言われており、つまり約1.2mくらい離れるのが良いと言われています。

ところが市場にでている32型テレビのほとんどが、それよりも画質が粗いハイビジョンです。したがって、ハイビジョンの場合は視聴距離は1.2mよりも長くとるほうが望ましいと言われています

ただ、これは、あくまでテレビメーカーが出してきている目安です。厳密にこだわりすぎなくても大丈夫です。

実際に僕が店舗で32型テレビの接客している時は、1.2mも離れない距離で案内をしています。それでも、お客さんから「画質の粗さが目立つね」と言われたことは、ほぼありません。

 

 

なので、
フルハイビジョン →1.2m
ハイビジョン   →1.2m+気持ち(10cmくらい)

の視聴距離がとれれば十分でしょう。

 

ちなみに、4Kというのはフルハイビジョンより画素数が多く、細かいので、もっと近づいても綺麗にみれます。テレビからの距離が20cmくらいまで近ずいても綺麗に見えます。最初に見た時はかなりビビりました(・・;)

下の図は、32型のフルHD(フルハイビジョン)と65型の4Kテレビの視聴距離を比較した例です。

ここには掲載されていませんが、フルHDよりも画質が粗いハイビジョン(32型のテレビで多く採用されている画質)の場合は、さらに視聴距離を取るほうが望ましいと言われていますが、前述したように、そこまで気にしなくても大丈夫です。あくまで目安として捉えましょう。

 

出展:パナソニック ビエラ 公式サイト

 

 

 

大きさ、画面の高さ、横幅、最適な視聴距離、消費電力

こうぱろう
こうぱろう

32型のテレビの大きさ(サイズ)やおおよその視聴距離がわかったかな?

 

最後に、あなたの部屋にあわせて、

・ピッタリな大きさなのか?
・もう1サイズ大きくしたほうが良いのか?(32型→40型)
・もう1サイズ小さくしたほうが良いのか?(32型→24型)

 

がわかるように、各サイズの寸法や視聴距離、消費電力などをまとめておきます。

参考にしてね。

 

 

 

インチ数横幅高さ視聴距離の目安消費電力の目安
24型55cm34cm102cm32kwh/年
年860円
32型73cm45cm135cm

※実際はここまで
取らなくても大丈夫

39kwh/年
年1050円
40型91cm56cm168cm75kwh/年
年2030円

 

 

電気屋に行くと、1インチでも大きいサイズのテレビを勧められちゃったりします。そりゃ、テレビのサイズが大きいほうが、売上が上がりますからね(笑)

 

ただ、32型とその上下のサイズというのは、大きさも年間の電気代も結構変わってくるわけです。

もう一回いいますけど、テレビの大きさについては

× あなたの「部屋に入るか、入らないか?」ではなく
◯ あなたの「使い方に最適な大きさか?どうか?」

ということに注目して選んでくださいね。

 

 

 

→液晶テレビの選び方。 第2回目に続く

 

タイトルとURLをコピーしました