【2018年発売】ソニー(ブラビア)の43V型液晶テレビを比較してみた!

テレビ
ぽんた
ぽんた

ソニーの液晶テレビは32V型の次に大きいサイズは43型になるのか?

 

さくら
さくら

画面の大きさについてはメーカーごとによって違うけど、ソニーの場合は32V型の次は43V型になるみたいね。

 

昔は40V型もあったけど、2018年モデルは40V型はなくなっているわね。

 

43V型は4Kテレビと、フルハイビジョンのテレビがあるから、どちらが良いか迷うわね。

 

こうぱろう
こうぱろう

43V型くらいからは、リビングに置いたり、壁掛けにしたり、「大きくてきちんとしたテレビを買いたい。」というひとが多くなるからね。よし、じゃあ今日は、ソニーの43V型の液晶テレビを徹底的に比較してみよう。

 

43V型テレビには

KJ43W730E フルハイビジョン液晶テレビ
KJ43X7500F 4K液晶テレビ。4Kの中で一番安いテレビ。
KJ43X8500F 4K液晶テレビ。倍速パネル、4K高画質プロセッサー付き

 

の3種類があるから、それぞれのテレビの特徴、価格、おすすめポイント、おすすめできないポイントなどをまとめていこう。

 

 

 

 

 

ソニー(ブラビア) 43V型液晶テレビを比べてみた(´・ω・`)

 

ソニー(ブラビア)の型番の見方

今回はソニーの液晶テレビ:BRAVIA(ブラビア)の比較です。ソニーの43V型のテレビは3機種あります。

まず、あとで混乱しないように、型番の読み方、違いを説明しておきます。

 

●KJ-43X8500F の場合

43=画面の大きさ(この場合は43V型)
X =パネルの違い(この場合は4K液晶パネル)
8500F =シリーズの違い(この場合は8500Fという4K倍速モデル)

といった形です。

さらに最後のアルファベット「F」の違いは、発売された年数の違いです。

F =2018年発売モデル
E =2017年発売モデル
D =2016年発売モデル

 

といった違いになってきます。

 

ソニー(ブラビア)43V型の大きさ・視聴距離

具体的な機種の比較に行く前に、43V型のテレビの大きさと最適な視聴距離はどのくらいなのでしょう?

●43V型テレビの大きさ
●視聴距離

をサクッと抑えておきましょう。

 

 

43V型テレビの大きさは?

ジャンプの大きさで表現してみました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

※大きさは、KJ-43X8500Fを参考にしています。

少年ジャンプを並べると
タテ=縦2冊+5.5cm
ヨコ=横5冊+5.5cm

でした。

 

43V型テレビの最適な視聴距離は?

 

あとで、詳しくお伝えしますが、ソニーの43V型テレビは「フルハイビジョン(フルHD)」と「4K」の2つの画質があります。

視聴距離の目安は、
フルHDなら ←高さ×3倍 (約165cm)
4Kなら   ←高さ×1.5倍 (約82.5cm)

と言われています。

4Kのほうが画素がが細かいので近くでみても、粗さが目立たないんですね。

 

視聴距離はあくまで目安で、「1cmでもずれたらダメッ!」というものではありません。ただ、視聴距離より極端に近づきすぎると目が疲れたり、見にくくなってきますので、あなたのお部屋の大きさと合わせて、検討してみてください。

 

 

ソニー(ブラビア)43V型の特徴・価格・おすすめポイント

ぽんた
ぽんた

43V型って意外と大きいんだな。

 

 

 

 

さくら
さくら

リビングに置いても迫力ある映像が見えそうね

 

 

 

こうぱろう
こうぱろう

よし、じゃあいよいよ。ソニーの43V型テレビのそれぞれの機種を見てみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

KJ-43W730E

型番:KJ-43W730E
発売:2017年2月11日
価格:71,050円(税込み) ※ヨドバシ.com 2018.8.14執筆時
画質:フルハイビジョン
画素数:約207万画素   ※水平1920×垂直1080
録画:2チューナー    ※外付けHDDを接続すると裏番組を1つ録画可能
Wi-Fi:有り
特徴:動画はYouTube、Netflixのみ対応
こうぱろう
こうぱろう

<バッサリコメント>
●どんな人におすすめか?

W730Eシリーズは、ズバリ、「ゲームをやる方」におすすめです
詳しくは別の記事で紹介しますが、PS4・PS4 Proでアクション、シューティングゲーム(FPS)、レーシングをプレイする方には最適の機種です。

 

ゲームをやるなら、ゲーム用のモニター(ゲーミングモニター)が一番良いですが、一人暮らしで狭い部屋だとゲーム用モニターとテレビを別々に置くのはなかなか難しいという方も多いはず。そのような「テレビも見れて、ゲームもしたい」という方には最適な1台です。

 

●おすすめしない方

逆に、「ゲームはやらない、普通のテレビとして使いたい」という方には、あまりおすすめできません。

 

地デジを見た時は、若干暗く感じますし、画質の粗さを感じます。「普通にテレビを見るだけ」という使い方であれば、同価格台のパナソニックやシャープの他の機種のほうがおすすめです。

 

 

KJ-43X7500F

型番:KJ-43X7500F
価格:110,940円 (ヨドバシ 2018.8.14執筆時)
画質:4K
画素数:約829万画素 ※水平3840×垂直2160
録画:2チューナー ※卒付HDDを接続すると裏番組が1つ録画できる
Wi-Fi:有り
特徴:AndroidTV搭載。倍速パネル無し。
こうぱろう
こうぱろう

<バッサリコメント>
●この機種の弱点

X7500Fの最大の弱点は、動きの速い映像もなめらかに映すことができる「倍速パネル」が搭載されていないということ。

また、ソニー独自の「トリルミナスディスプレイ」を使っていないので、色味の表現もおとります。さらにX7500F以外の他の機種にはすべて搭載されている「4K高画質プロセッサー」もありません。

 

なので、いわゆる「シンプルにして安くしたエントリーモデル」という位置づけなのです。

 

また、リモコンのもっさり感があります。

●どんな人におすすめか?

こうやって書くと、悪い機種のように思えるが、そうではありません。画質はやはりソニーだけあってかなり綺麗。荒い画質をアップコンバートして4Kように画像補正しているので、地デジやDVDをみても綺麗です。Youtueの4K動画を見るとホントに綺麗です。

ですから、「4Kテレビが欲しいけど、あまり高いのには手が出せない。安くて切れに映る4Kテレビが欲しい」という方にはおすすめです。

 

 

KJ-43X8500F

型番:KJ-43X8500F
価格:128,020円 (ヨドバシ.com 2018.8.14執筆時)
画質:4K
画素数:約829万画素 ※水平3840×垂直2160
録画:2チューナー ※卒付HDDを接続すると裏番組が1つ録画できる
Wi-Fi:有り
特徴:AndroidTV搭載。倍速パネル有り。

 

 

こうぱろう
こうぱろう

<バッサリコメント>
●この機種の特徴

X8500Fはソニーの43V型のテレビで一番上位機種になります。

特徴をあげると
◯ 4K画質
◯ ソニー独自の「トリルミナスディスプレイ」搭載
◯ 4K高画質プロセッサー「HDR X1」搭載
◯ 倍速パネル搭載
◯ モーションフローXR240 搭載

と他機種にはない機能が満載です。

●どんな人におすすめか?

ともかく画質が綺麗なので「43V型テレビで、一番高画質なテレビが欲しい」という方におすすめ。

 

特に、倍速パネルとモーションフローXR240は、動きをなめらかに映し出す機能なので、サッカーや野球、競馬などのスポーツ観戦が多い方にもおすすめです。

 

 

まとめ:ソニー43V型液晶テレビの比較表

 

項目KJ-43X8500FKJ-43X7500FKJ-43W730Eコメント
価格128,020円110,940円71,050円ヨドバシ.com
2018.08.14時点の
税込価格だよ(・∀・)
画質4K
(約829万画素)
4K
(約829万画素)
フルハイビジョン
(約207万画素)
4KとフルHDだよ
(・∀・)
4K高画質プロセッサーHDR X1搭載無し無しX8500Fだけ
チップ搭載だよ
(・∀・)
パネルトリルミナスディスプレイ無し無しX8500Fだけ
オリジナルパネルだよ
(・∀・)
チューナー
の数
2チューナー2チューナー2チューナーここは違いが
無いよ
(・∀・)
動き倍速パネル 有り

モーションフローXR240

無し無しX8500Fは
動きなめらかだよ
(・∀・)
どんな人におすすめか?43V型で一番高画質なTVが欲しい方。
スポーツ観戦を良くする方。
とりあえず4Kで安い機種が欲しい方テレビも見るけど、ゲームもよくやるよ
という方
ここは違いが
無いよ
(・∀・)

 

 

ということで、ソニーの43V型テレビの比較でした。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました